ハローワークだけでない大手も

望んでいる人材を探すために企業はそれぞれの手段を使っています。
その一つにハローワークがあります。
ハローワークは求人情報を無料で掲載してくれます。
しかしやはりメリットばかりではないのです。
というのも無料ですので求人に経費をかけられない零細企業の求人情報が多くを占めています。
どちらかといえばそこまで求人に力を入れていない、入れれない企業が多いのかと感じます。
その中で平等に扱われるため他社と差別化が図れず、埋もれてしまう恐れがあります。
大手企業だから特別に扱うということはハローワークではしてもらえません。

それに比べ大手の企業はお金を払ってでも優れた人材が欲しい、自社をアピールしたいと考えて求人情報誌やサイトに掲載している場合が多いんじゃないでしょうか?
ハローワークの求人情報を見たことがある方はおわかりでしょうが、写真や社名ロゴなど使用できません。
そういった面で企業のイメージを伝えるには限りがあるものなのかもしれません。

加えてハローワークではない求人情報誌の利点を挙げるなら、情報誌の担当者が広告のアドバイスをしてくれるなど企業の人材確保のために力になってくれる場合が多いのだと聞きます。
またハローワークでは年齢制限をしたり性別を区別して募集をするのに厳しい場合があるのです。
そういった使い勝手からも多少のコストをかけて情報誌やサイトをしようする企業が多いのでしょう。

またより高いスキルを持った人材を求める場合なら情報誌やサイトよりも人材紹介の会社を使うという場合もあります。
媒体によって求職者の層も異なってきます。
やはり企業によって適した求人募集のやり方があるのだろうというのが結論です。
ハローワークでいい人材を集める企業もあればまったく集まらない企業もあるかと思います。
採用までの効率の良さなども、どこで求人を出すかの決め手にもなります。
大手だから、中小企業だからどの媒体で、という単純なことでもないのでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です