身近なところでも求人情報が

求人情報を探す時多くの媒体の中から選びます。
それは求人情報誌や求人サイト、ハローワークや人材紹介の会社など人それぞれなのですが。
もっと身近なところで求人情報が落ちていることがあるかもしれません。
ここでは盲点になっている場所にある求人情報について考えてみたいと思います。

求人情報誌や求人サイトに広告を掲載するのはコストがかかります。
しかし多くの情報が載っているため、求職者みんなが頼りにしている媒体になっています。
そこに載っていないイコール募集していないという考えに陥りがちです。
コスト面も含めさまざまな理由で媒体に広告を掲載していない企業・お店があるのは誰もがわかるはずなのですが。

あなたが通っているあの大好きなお店。
できればこんな雰囲気のお店で働いてみたいとぼんやり思うあなた。
でもこんな感じのお店なんて求人誌で見かけたことないしなぁ、と思っていても実は店頭にスタッフ募集の張り紙があるかもしれません。
張り紙がなくても来月でスタッフが抜けてどうしようかと考えている状況かもしれません。
そんなことを想像してみるとけっこう目に見えない、見えても逃している求人というのはあるような気がしませんか?

また転職などを考えている場合。
ぽろっとそのことを知り合いに相談してみると、理想的な待遇の仕事にありつけたという例もけしてないことではありません。
友人や親戚などの紹介で仕事に就くという形も特に珍しいことではないです。
それも立派な仕事探しといえるでしょう。
要はタイミングで、チャンスはどこに転がっているかわからないものだと思います。

求人広告を出していない企業やお店は求人を探していないと勘違いするの間違っているのですね。
企業、お店も効率よく人材を探すことを考えていることと思います。
また求人誌やサイト以外にも新聞の折り込みなどがあり地元の求人情報に強かったり、自分に適した仕事の探し方があるのでしょう。
灯台もと暗しにならず、広い目で自分の将来を見つけるのが大切です

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です