求人情報の探し方は多様化した?

仕事に就こうとする時に、あなたはまずどういう行動を起こしますか?

以前に比べ、求人情報の探し方は多様化していると思います。
主流としては求人情報誌や求人サイト、新聞などでしょう。
それ以外にもハローワークだったり、人材紹介の会社に登録したりなどの手もあります。
また知り合いの紹介なども少なくないと思います。

さまざまな求人の探し方ができるようになったと同時に仕事の選択肢の幅も広がったのではないかと感じます。
以前と一番大きな変化といえば求人サイトの普及でしょう。
膨大な量の求人を、しかもすばやく探せる媒体は過去にはありませんでした。
自分のやりたい職種や給与、勤務地などの条件でを検索できるのも便利な点です。
あれだけたくさんの同類の仕事を比較して、選んで応募できるのもサイトならではのことでしょう。

以前はもっと効率が悪く、仕事を見つけるほうにとっても人材を探すほうにとっても狭い範囲でのアプローチしかできなかったものだと思います。
募集していることを知っていたならあちらの仕事のほうがしたかった、など情報が少ないせいで理想の職につけなかったという人の数は明らかに減ったのではないでしょうか。

しかし求人サイトに利点しかないわけではありません。
あれだけたくさんの仕事を一気に見れてしまうと一つ一つの企業・お店への思いは軽くなってしまうのではないでしょうか?
ここがダメでもまだ他がたくさんあるし、という考えに陥ってもおかしくありません。
仕事と人との運命的な出会い、という感覚は薄まってきているとは思いませんか?
また求人サイトに載ってあるのがすべての求人だと勘違いしてしまうのも問題です。
普通に考えればそんなはずはないのですがあれだけ多くの求人を見るとそう思ってしまうかもしれません。
そしてこれはサイトに限らず情報誌や新聞の広告にもいえることですが、募集する側にとって都合良いことばかり書かれていることも少なくはありません。
実際に働いてから書かれていた内容とまったく違ったということは多々あることと思います。

このように求人情報の探し方は多様化したと思うわけですが、求職者自身が自分のやりたい仕事に適した探し方をしなければならないことは以前と変化ないのだと思います。
その求人情報からその仕事、職場を見極めれるかどうかは以前と同じように求職者自身にまかされることなのでしょう。
これから仕事をする上で自分が求めているものをはっきりとさせ、情報に流されないことが大切だと思います。

メモ(役に立ったサイト)

posシステムで業務の見える化を
見えていない業務を一元管理で見える化を図ろう

オフィスデザインは独自性あるものに
全てが同じである必要はありません。企業が持つ独自性も

医学部予備校で大阪上本町校
編入する学生にも対応している予備校です

スマホの小技、こんなの知ってた?
今更?と人には聞けない疑問もここで解決?

集客のためのマル秘SEO対策テクニック公開!
たった3ヵ月で10万PVを達成した、マル秘SEO対策テクニックが分かります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です